イメージ画像
お口周りの美容
  • 歯科統合医療
  • ヒアルロン酸治療
  • ボトックス治療
  • プラセンタ治療
ボトックス治療
ボトックスとは?
ボトックスは、ボツリヌス菌からできた薬剤(ボツリヌス毒素)で、筋肉の働きを抑制する働きがあります。
米国FDA(アメリカ食品医薬品局)により効果や安全性が実証され、世界中で使用されている薬剤で、日本でも顔面けいれんや眉間のシワの治療で承認を受けています。
表情によって出来るシワの改善などの気になる部分に少量ずつ注射することで症状を改善します。
ボトックスで治療可能な箇所
治療可能部位
ボトックスの効果って?
ボトックスは筋肉の働きを弱める作用がありますので、表情筋の収縮による表情ジワや額の深い横ジワ等に効果的です。
その他に、ボトックスは筋肉の力を抑制して萎縮させたり、汗を抑える効果がありますので、小顔にしたい方や多汗症の方に有効な治療法になります。
Before&After
公式サイトバナー
メーカーサイトのビフォアーアフター紹介になります。
上記バナーからメーカーサイトへお飛びください。
QRコード
溝デンのビフォアーアフター紹介になります。
上記のQRコードよりページにお飛びください。
ヒアルロン酸治療とボトックス治療の違い
よく「ヒアルロン酸とボトックスの違いがわからない」とお聞きいたします。
一般的には、肌の老化によるシワにはヒアルロン酸、表情筋によってできるシワにはボトックスが効果的だと言われています。
しかし、どちらの方が効果があるかは、シワの症状や部位によっても異なってきますので一概にはいえません。そういう理由から、部位によってボトックスとヒアルロン酸注入を一緒にすすめているクリニックが多いようですね。
当医院でも、患者様の症状や部位に合った治療法を進めていきます。
よくある質問
  1. 治療後の痛みや腫れはありますか?
    個人差はありますが、痛みや腫れはほとんどありません。
    ただし、当日の入浴(シャワーなら可)や運動、飲酒は避けて下さい。血行がよくなると、内出血や腫れの原因になります。
  2. ボツリヌス毒素は人体に影響はありますか?
    影響はありません。
    毒素ですが、使用する量は微量ですし、食中毒を起こすといわれている量よりはるかに少ないので、人体に影響を及ぼすことはありません。ご安心ください。
  3. どのくらい効果は持続しますか?
    個人差がありますが、約3ヶ月程度持続します。
    効果があらわれるまでは注入から2〜3日必要です。
    また、効果が永久ではありませんので、持続させたい場合は初回の治療以降の継続治療が必要となります。
    継続治療により、持続期間が延びたというお話もございます。
  4. 妊娠中でも治療可能ですか?
    妊娠中の方はボトックス治療は絶対に受けないでください。
    また、授乳中の方や抗菌剤を服用されてる方も控えてください。
    今までに妊娠との因果関係は確認されていないのですが、1種の神経毒素であるボツリヌス菌を元に作られていますので、当医院では既に妊娠が分かっている方や授乳中の方への治療は行っておりません。
  5. 治療後に注意することはないですか?
    細菌防止のため患部に触れないようにし、当日のメイクはパウダーをはたく程度にしてください。
    また、お風呂や運動、飲酒など血行を良く行為は控えてください。内出血や腫れの原因となります。
プラセンタ療法
ページの先頭へ戻る
CSR活動
溝BLOG la chere
facebook premier salon